目指せ犬・猫の寿命1.3倍【イワマ式犬猫健康長生き方】公式ホームページ|ペットフードのベンリー

カート内の商品数:
0
お支払金額合計:
0円(税込)
送料無料まであと:
5,940円(税込)

健康状態が悪くこれからどうしようか迷って心配している方へ

犬が動物病院にかかる理由の第1位はアレルギーなどの皮膚トラブルで、第2位は下痢をする、吐くなどの消化器系トラブルです。 猫が動物病院にかかる理由の第1位は泌尿器系障害で、第2位は腎臓のトラブルです。
死亡原因は犬・猫ともにガンです。
例外はありますが、実はこの犬・猫の起こしやすいトラブルを理解することがその他の病気を予防・改善するヒントが有ります。

イワマ式 犬・猫
健康長生き方お気軽にご相談ください

  • 寿命1.3倍を目指すためのご相談
  • ペットフード選びなどのご相談
  • 犬猫に関するすべてのご相談
  • そのほかご注文以外のご相談
  • 健康で長生きの秘訣のご相談
03-3677-6550(岩間まで)
定休日
水曜日・日曜日・祝祭日
受付時間
11:00 〜 17:00

注意:現表示ページは獣医師法の規定や表示法により本当に伝えたい表現は控えさせて頂いています。ご理解をお願い致します。

現在、病気やトラブルを持っていたら心配ですよね。ホームページでは獣医師法や表示法によって規制が有り表現できないので直接イワマ式のイワマ本人にご相談ください。相談は新規のお客様は30分は無料です。『俺に聞け』参照 または 電話番号:03-3677-6550

犬・猫の全ての病気や健康トラブルを改善・予防するヒント1.

犬・猫ともに死亡原因の第1位はガンです。
犬が動物病院にかかる理由の第1位はアレルギーなどの皮膚トラブルで、第2位は下痢をする、吐くなどの消化器系トラブルです。 猫の動物病院にかかる理由の第1位は泌尿器系トラブルで、第2位は腎臓のトラブルです。

犬はガン・皮膚トラブル・消化器トラブルが多い理由、猫はガン・泌尿器系トラブル・腎臓トラブルが多い理由を知ることで例外はありますが全ての病気改善と予防のヒントが隠されています。

1.ガンになる確率が高くなる理由・・・自然界にないものの摂取がガンになる確率を大幅に高くします。自然界にないものの摂取とは主にペットフードや加工食品に含まれる添加物、酸化した脂(開袋後10日を過ぎたペットフード)、一部の投薬、注射などが有り全てが直接に体の中に入るものです。

2.皮膚トラブルの主な理由・・・熱加工食品ペットフード(ドライフード)だけに頼った食生活による抵抗力の低下と腸内環境の悪化が引き金になって菌やカビや微生物などが直接身体に繁殖してしまう皮膚病や外耳炎が多く、偏った食事(ペットフード)によるアトピー性皮膚炎なども有ります。

3.消化器系(胃腸)トラブルの主な理由・・・ペットフードだけを与えている犬や猫は将来的に腸内環境の悪化が進みペットフードしか食べていない事で食べ物に対する対応能力や抵抗力がなくなります。また与える量の把握が出来ていない飼い主の犬・猫はお腹が強くならないまま成長していきます。子犬・子猫の成長期はより将来的な影響力が生じます。

4.泌尿器系トラブルの主な理由・・・水分の摂取量が少なすぎる、塩分の過剰摂取などが主な理由で犬でも猫でも水分含有率の少ない加工食品(ドライペットフード)だけを主食にしたら当たり前です。ちなみに人間だって同じで水分含有率の少ない加工食品ばかり食べていれば泌尿器系トラブルになり易くなるのは当たり前です。

5.腎臓のトラブルの主な理由・・・4.の泌尿器系トラブルの主な理由とほぼ同じですがその他に飼い主の食事の間違った『与え方』に問題があり「好き嫌い」や「食ムラ」(食べたり食べなかったり)も主な理由となり特に猫は食ムラが腎臓トラブルの引き金になる確率を大幅に上げてしまいます。

上記の1~5は全てが食生活に関係しているのです。実は人間も犬も猫も同じなのです。 そして全てが毎日与えているペットフードに因果関係が有ります。ペットフードを過信した結果とも言えます。そして病気になった時に更に制限されたペットフードだけを与えたると一時的な良い結果が出ることが有り そのペットフードを飼い主の犬・猫に適した食事と思ってしまう飼い主に問題が有るのです。そして「制限されたペットフードだけを与えなさい」というを指示をだす専門家にも問題は有りますが、このページではその専門家を改善することが出来ないので飼い主のできる事だけを伝えしています。

犬・猫の病気や健康トラブルを改善・予防するヒント2.

ペットフードだけしか与えていないというペットフードへの過信は禁物!!

犬・猫がガンになる、またはガンになる時期が早くなったり、確率が上がる主な理由の1つに酸化したペットフードを与えているという事実が有ります。あなたは大丈夫ですか? 全てのペットフードには肉や魚などのたんぱく源が原材料に使われています。つまりは動物性の脂が入っています。脂の酸化は発ガン性のみならず肝機能や抵抗力やその他の身体の全てに悪影響が有ります。人間の食品でも脂の入った加工食品なら当たり前ですが『開封後はお早目にお召し上がりください』が常識です。ペットフードではドライフードは開袋後10日以内、ウェットフード開封後は適切な別容器に入れ替えて3日以内が限界です。

その他に病気だからと言って制限されたペットフードを主食にすれば一瞬の改善は有り得ますがその後は更に・・・(獣医師法や表示法などによって表現できません)。

人間に例えるならばお腹を壊したから『お粥』を食べて消化が悪そうなものは一切食べないというとき有りますよね。しかし通常の体調に戻った時お腹を壊さないために一生涯『お粥』『消化の良い物』だけしか食べないとしたなら強いお腹は出来ないですよ。そんな事したらお寿司屋さん行ったら大変なことが起きますよ!!(イワマの表現)。

結論・・・ペットフードは開袋後10日以内に消費できるサイズにし、ペットフードを減らし人間の食べている肉・魚・野菜・穀物などを与える事です。ペットフードの中に人間用の食事レベルの原材料が入っているから大丈夫なんて言うのは論外です。肉・魚・野菜・穀物は我々がスーパーなどで毎日買っている人間用の食品です。加工食品ではありません。加工されていない本物の人間用の食品です。

犬:肉・魚・野菜・穀物
猫:肉・魚
ペットフードでバランスを整えて人間の食べている肉・魚・野菜・穀物などで腸内環境や抵抗力向上を目指し、病気の改善・予防を目指してください。

イワマ式犬猫健康長生き方ではペットフードを減らし、本物の人間用の食品を与えるのが前提で 『与える物』・『与える量』・『与え方』の3つを覚える事が病気の改善と予防、そして健康で長生きできる秘訣としています。 イワマ式を活用した犬・猫は寿命1.3倍が目指せます。

そうは言っても・・・ 現在、あなたの犬・猫が病気やトラブルを持っていたら心配ですよね。 ホームページでは獣医師法や表示法によって規制が有り表現できないので直接イワマ式のイワマ本人にご相談ください。相談は新規のお客様は30分は無料です。 『俺に聞け』参照 または 電話番号:03-3677-6550

当店およびイワマ式
推奨品ペットフードから探す

  • 当店推奨品!ホリスティックレセピー
  • 当店グラインフリーNo.1商品 ウィッシュ
  • 6kg以下の小型犬給与量が少ない犬に推奨品
  • 30kg以上の大型犬または多頭飼いに推奨品
  • レトリバー犬種多頭飼いに推奨品
  • イワマ式および当店推奨品

カテゴリ(目的別)で
ペットフードを探す